Move it now!

運動しなくてもカロリーは消費できる

カロリーはダイエットをする女性の敵とされ、様々な運動をして消費する努力をしていますが、効率的な運動方法は少なく、最もカロリーを消費するのが水泳であるため、手軽に出来ないのが問題です。
そんな中、激しい運動をすることもなく、10分程度で1時間のエクササイズと同じカロリーを消費する方法があります。
それは寒いところで過ごすだけという簡単な方法で、寒さに震えることで大量のエネルギーを消耗することができます。
人間は体温を一定に保つ恒温動物のため、寒いところにいると身体の体温を維持しようとしてエネルギーを消費します。
その消費量は多く、10分でも十分な効果が見込めるのが魅力的です。
体が寒さに反応して震えるのは15度以下となるので、冬季には省エネのつもりで暖房器具を少し止めて寒さに震えてみるのもいいかもしれません。
しかしやり過ぎると風邪を引いたり、体調を崩すこともあるので、ダイエットのためでも過度なことはしないように気をつけましょう。

運動で得られるカロリー消費の仕組みについて

運動で消費されるカロリーは、普段から歩かない人にとっては、意外と少なく感じられるものです。
1時間ほど歩いた結果で、ご飯1杯分よりも少ないエネルギー消費であれば、効率よく痩せることが難しくなります。
ところが、サイクリングで10時間も走れば、相当に多くのエネルギを消費して、1kgほども体重が落ちることもあります。
あまりに短い時間では効果がないのは、有酸素運動の仕組みから見ても明らかです。
歩き始めた段階では主に血糖を消費しますが、30分ほども継続して動き続ければ、脂肪を燃焼させる段階に到達し、さらに続ける分だけ痩せやすくなる仕組みです。
そのために、20分ほどの軽い散歩では気分転換になっても、痩せる効果が十分ではない可能性があります。
運動と基礎代謝で消費されるカロリーが、食事による摂取量を上回らなければ、太ることはないのが普通です。
これは実に単純な仕組みですが、多くの人は運動と食事のバランスを調整させることで苦労しています。

Favorite

結婚式の写真撮影を依頼
http://omobic.com/

Last update:2017/4/14