Move it now!

運動と食事のバランス調整の重要性

運動による消費カロリーを高めることで、食事だけで太る心配が減り、同時に基礎代謝も高まって一石二鳥の効果が出てきます。
痩せるためには両方ともに大切ですが、片方だけを努力すれば、どこかで無理が生じてきます。
たまには揚げ物やケーキが食べたくなることがあっても、運動不足の状態であれば、控えることも多くなります。
ところが、日頃から有酸素運動を行っていれば、多少の食べ過ぎで太ることはなくなります。
食事には実用的な要素に加えて、快楽としての目的もあるため、偏りが生じると困ったことになります。
実質的なことを重視して、極端なカロリー制限をすれば、欲求不満が増大してしまいます。
そのため、たまには自分へのご褒美として、甘いお菓子を食べても問題ありません。
食べ過ぎを抑制しながら、十分な運動をしていれば、人間は余計な脂肪を貯めこむ必要もなくなります。
節制とストレス発散のバランスを調整するためには、理性を働かせて生活を行うことが大切です。

食事習慣と運動の密接な関係について

運動エネルギーを得るためには、炭水化物やアミノ酸が必須となりますが、食事が不規則であれば確実に不足します。
あるいは、スポーツ中の補給食の摂り方に問題があっても、ハンガーノックなどの症状を発生させる原因になります。
炭水化物は素早くエネルギーに変わるために、スポーツ選手にとっては欠かせない栄養です。
ごはん類や麺類を多く食べるようにしますが、それだけでは十分ではありません。
炭水化物を燃やしてエネルギーにするためには、ビタミンB1の助けが必要です。
炭水化物とビタミンB1が両方ともに豊富な玄米を利用して、相乗的に運動効果を高めることは、健康のためにも有益なことです。
運動を基本として生活する人は、食事内容に無関心ではいられなくなりますが、一般人であれば事情が違います。
体が不必要とする分まで栄養を吸収して、運動不足によって脂肪が残る悪循環に陥ることもありますから、不摂生な習慣を続けることは懸命ではありません。

recommend

アレルギーを久留米で相談
http://www.fujiyosi.jp/services/allergy.html

最終更新日:2017/4/14